zoloftbirthのチラシ商品の打ち出し方

商品の使用価値を伝える

成功するチラシの作り方では商品の使用価値を伝える手法としてまずやらねばならないのは、使用価値ポイントを明記します。当たり前だ、と思う人も多いかと思うが、これが意外とできていないチラシが多いです。商品の価値を伝えるのは意外に難しいのです。チラシの文章を書いた人はできていると思っているが、実はお客様には全然伝わっていないことが多いのである。それではなかなか反響が出ません。商品の価値を伝えるポイントとして大事なことは、常にお客様に立場に立つということです。あらゆるお客様のその商品を使用する場面、選ぶ場面などを想定しながら、価値ポイントを伝えていきましょう。

そこで商品の価値をお客様にわかりやすく伝えるためには、決してプロ用語を使ってはいけません。お客様の立場で書くには、シロウト言葉に置き換えないとならない。小学生でもわかる簡単な文章を使うことが重要です。家具の例でいうと、タンスの前板の材質でよく、ムクという表現をするが、ほとんどのお客様はその言葉の意味を知りません。チラシにムクと書いてあっても何のことだかわからないと思います。そこで最近では、純木一枚板、本物の一枚板などという表現してわかりやすくしています。

また、余り長くだらだら商品説明を書いても、誰も読まないし、紙面のむだでもすのでチラシ制作では短くシンプルに文章を訴求することがポイントです。そのためには、俳句の5・7・5調にまとめるのが実は一番適しています。長すぎず、短すぎず、程よい長さであるから、ぜひ目安として文章を考えましょう。また、文章作成のコツはその商品の一番のポイントをズバリ表現することです。一品一品商品価値を吟味し、その商品の価値特性の中でも一番訴えることをズバリの表現で書いてチラシを作りましょう。