zoloftbirthのチラシ商品の打ち出し方

商品の素材

今の時代では、クライアントのアイテム選択眼がシビアになっていくにつれ、商品に対する意識が高まっています。その意識は昔は購買経験豊かな年配の主婦に限定しれたものだったが、近頃では30代や、20代など、フレッシュな人にまで広がっている。時代の移り変わりとともにユーザーの志向も移り変わりし、今や正真志向になりつつある。売れ筋アイテムもいわゆる本物のアイテムといわれるものがヒットアイテムとなってきた。ただ安いだけではなく、商品優先の本物のアイテムを打ち出すためには、その商品を明らかにする必須がある。例えば、婚礼タンスの材質を打ち出したチラシでは、特に材質に対する意識が高まっています。昔ほど高価なタンスは売れなくなってきたが、わりと安い単価の中で材質に譲歩しないている顧客はたくさんいます。他にも食品チラシで例えばお好み焼きで、どこの誰が作ったキャベツ、どこでとれた小麦粉、どこで水揚げされたイカを使っているのかなど、一品一品の材質を明らかにしたチラシが出てきました。また、工務店が材木の異なる点を差別化するため、国産○○県の最リッチヒノキを使用しているとチラシに採りいれたりしています。納豆のカタログ販売メーカーがその生産過程を水辺豆にこだわり、どういった材質を使っているかを明らかにしています。色々なアイテムで材質を明らかにしたチラシが出てきて、それがクライアントの支持を徐々に入手しています。反響の出るチラシはこういった情報公開が必要です。