zoloftbirthのチラシ商品の打ち出し方

商品サイズを入れる

商品の売り場と実際のチラシの大きな違いは、現物を手に取って見られないことにあります。商品写真を掲載する場合、専属のカメラマンを雇って撮影をします。精度の高い写真を掲載していくら工夫を重ねてもやはり現物を見るようなわけにはいきません。それに、個人個人の認識はとても主観的で、一人ひとり物差しや価値観が違います。一口に大きい、といっても、人によっては小さいと感じる場合もあります。そこで大切なことは限りなく現物の大きさをイメージできるようなチラシ作りをすることである。

 

 

例えば、「特大なす100円」といったとき、15センチを特大と思う人もいれば、100社センチで特大だと思う人もいる。もし15センチが特大だと思う人がチラシを見て、現物が100社センチなすだったら、どう思うだろうか。答えは、この店はうそつきだとなってしまう。お客様は個人個人の思い込みで解釈します。しかしそれはお客様が悪いのではない。店側のチラシが悪いのだ、なぜなら、お金を払う側が絶対的に優位ということです。

誤解を消費者に与えず、商品の価値を訴求していくことは、より一般の人の立場に立った表現をしなくてはならない。特大なすの場合ならば「太さ6センチ、長さ20センチの特大なすが50円」という具体的なサイズ表示がいるだろう。サイズの表示が重視される商品としては、家電・家具などのような大型商品があります。サイズがわからないと買うことができないからです。もしチラシにサイズが明記してないと、「なんて不親切な店なんだ」とお客様に敬遠されることにもなってしまいます。