zoloftbirthのチラシ商品の打ち出し方

リアルな写真で成功

実際に消費者がチラシをみて商品を購入するとき、常に付きまとうのが「買って実際に使ってみないとわからない」ということである。特にチラシの場合、そこにあるのは現物ではなく、写真なので、立体感もなく、いくらビジュアルにしてもなかなか実物をイメージできないというのがお客様の本音であろう。チラシ広告はあの手この手で商品をよくしようと工夫がなされています。反響のあるチラシは限りなく使用時が想定できるような工夫をし、チラシ上に表現し続けることが大切です。

下に、チラシの例を挙げます。

1.食品のチラシ

  • 焼き肉用の牛肉を実際に焼いて、たれにつけて食べている写真を入れてよりリアルに店う
  • 食パンを切って焼いた写真を載せる
  • 明太子をアツアツご飯の上に載せている写真を載せる

2.衣料品のチラシ

  • モデルが目玉商品のスーツを着てポーズをとる
  • 子供がコーディネートされた売れ行きのいい商品の服装でチラシに載る

c.生活関連品チラシ

  • 整理ダンスなどでは引き出しを開けて衣服を収納しているところを載せる。
  • 腕時計は実際に腕に付けているところを載せる
  • 指輪は実際に指にはめているところを載せる
  • ワイドテレビに関してはテレビボードに収まっているところを載せる
  • こたつは継ぎ足タイプの炬燵をイラスト入りで訴求。
  • ランドセルは小学一年生が実際に背負っている写真を入れ手リアルを出す

このように写真もよりリアルを伝えることによって消費者が具体的なイメージを描けるようにしてあげるとチラシの反響効果が出ます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*